TEKKEN6 BR INCOMPLETE CONQUEST


 脱・拳段、目指せ羅段。主に小技やネタ、目付けがテーマ。

見せ暴れ

 相手の技を読んで暴れるのは難しいが、暴れを見せておくことで相手の選択肢に制限をかけるのは容易。牽制・置きや安易な攻めがなくなるので、固まった相手にラッシュをかけよう。

 ただし「暴れで逆転する」というカードは切れなくなるので注意。

大技のリスク管理

 ガードで確定反撃必須の下段や、しゃがみスカで浮き確定の上段牽制。読まれないように使い、出し惜しみする。

 下段なら必ず当てる。その分のダメージを確保した試合展開を考えてダメージ計算を行おう。上中段ならガード、スカはされないことが前提。

 つまりガードやスカでダメージを取られるのは愚の骨頂。リスクのある技はリターンのみが取れるノーリスク技として使用しよう。……という目付け。

最低でもガード

 中級講座で牽制・置きのパターンを紹介したが、上級者同士の対戦になるとそのほとんどが使えなくなる。上級者はスカに目ざとく、ちょっとした空振りにも確実にスカ確をとりにくる(とれるようになる)からだ。安易な空振りは被ダメージのリスク。

 というわけで、空振りを徹底的になくす硬い立ち回りが必要となっていく。必ずヒット or ガード、最低でもガードを意識しながら攻撃を出していこう。

正しいN択

 二択、三択、N択をかけていく機会があるが、相手の行動をカンや確率で、あてずっぽうで攻めるのは間違いである。相手の反応を覚えておき、もっともリターンの高い行動を選択するのが正しい。

 N択をかけるとき、まず最初にローリスク・ローリターンの安定行動で相手の反応を確認する。そのうえで二度目の機会にリターンの高い行動を選択しなおすのが正しいということ。

 写真はマードック、コンボ〆をパイルシュート(相手空中 or )。一度目の起き攻めはステップインロー(/下)で様子見。相手が後転起き上がりしたので、二度目の起き攻めはステップイン~レイドキック(/中)で浮かせる最大リターンを狙う。

 上級者同士の場合は裏をかいてくるので、安定行動を多めにとる必要が出てくる。そこらの匙加減は相手の程度を見極めてやろう。

ネタの使い捨て

 読み合いを何度か通したために、効果がなくなったネタは捨てる。引き出しの数は多いほうがいい。

 例。パイルシュート〆が読みきれなくなったので、モビーディックダイブ()〆に変更。後転起き上がり癖があると読んでステップイン~ハーストバッシュ()で起き攻め。

 メンドくさい読み合いは放棄、ネタを使い捨てして試合を乗り切るのが初見~短期決戦や、忘れっぽい身内戦の勝利の秘訣っぽい。引き出しを多く持とう。

動画を見よう

 こんくらいになれば上級者の対戦動画を見て得るものもあるでしょ。
 YOUTUBEやニコニコ動画のお世話になります。

 ただ、上級者同士の対戦を見るより、自分と同段位VS.格上の試合を見る方が読み取れるものが多いのかも。自分に何が足りないのか、どこで負けているのかが見えてくる?