SOPHITIA ALEXANDRA:ANSWER VS. SOPHITIA

セラフィムストリーム or エコー二択

 セラフィムストリーム(DAS中AA/)とセラフィムエコー(DAS中AB/)の二択が厄介。一段目がしゃがみステータスの中段横斬りのため、回避が難しく、追尾性能が高い。つづく下段と中段の択は、注意して観察すればガードは可能だが、ガードに集中すると、2段目ガードブレイク技のセラフィムエコーで固められてしまう。
 まず、両対応は難しいので、二択を見極めつつ、下 or 中段のどちらか狙いを定めた側に対して最大反撃を狙おう。下段のセラフィムストリームはガード硬直-12F。確定反撃のリターンが少ない場合は、要素技のジャンプステータスで割り込もう。下段ガードが反応できる程度の反応ができるなら、練習次第でしゃがみガードをジャンプ技に切り替えるのも難しくない。
 中段のセラフィムエコーは、ブレイクアタックのエフェクトで判断を付ける。左手方向(時計回り)で回避すると袈裟斬りの判定にひっかかるので、右手方向(反時計)に回避しよう。