SEONG MI-NA:ADVANCED

起き攻め

滑面昇蹴(1)

 滑面昇蹴(1)(しゃがみK/)ヒット後に受身を取らない相手はB+Kホールドで拾うことが可能。強力な初心者狩り連係として使える。

 受身に対してはA+Bが全方向受身確定。補正がほぼなく、合計53ダメージになる。


ANSWER:滑面昇蹴(1)対策

 起き攻めのB+Kホールドは左右受身で回避できるが、2段目が受身後に対して軸を合わせてくるので注意。受身後に、さらに左右ステップしよう。
 ちなみに後ろ受身はダメージはもらわないが、回避できないし、割り込めないし、確定反撃も返せない。

 時計移動(左)で回避した場合、3段目に引っかかることがあるので注意。また、モーションが低姿勢のため潜られることもある。事前に反撃技を検証しておこう。



 受身確定を読んでダウン維持した場合は、頭向け仰向けダウンのため、先行入力で出した技は背向け扱いになる。少し待つと正面しゃがみ状態になり、そこから発生16Fまでがスカ確定反撃になる。

潜刃撃

 潜刃撃(A/)のリーサルヒット条件は遠距離ヒットなので、受身不可のダウン後の状況で狙いやすい。
 コンボレシピがB+Kホールド > A+BABの場合が該当し、少しバックステップを見せてから出すとリーサルヒットの間合いになる。

速突蹴ファスト

 B(近距離ヒット) > BKファスト等のルートで速突蹴ファスト(BK)がコンボレシピに組み込まれた場合の起き攻め。


 B+Kホールドで右受身以外に対して受身確定(一部キャラは全方向受身確定)、受身なしは掘り起してダブルアップが狙える。さらにA+Bを当てて、ダメージは合計59点。キャラや状況によってはB+Kホールド > A+BABで合計ダメージ64点。

 別の選択はAで、全方向受身確定(リーサルヒット)を兼ねた確定追撃。補正でダメージは伸びないが、KKK > B > B+Kホールド……といったレシピになるため運送能力が高い。
 ちなみにコンボレシピがBKになっているのは、後ろ受身に届くように間合い調整するため。

 ダウン維持1点読みの場合はA+Bを重ねると、確定はしないが、ガードクラッシュ値41%という破格のリターンが取れる。受身なし~横転にはヒットでスタン、Bで追撃が可能。